A to Zinba ホーム > 大会情報 > 第71回 全日本馬場馬術大会2019 PartⅡ

全日本ヤング総合馬術大会

つま恋乗馬倶楽部

大会日程

応援ありがとうございました!

つま恋乗馬倶楽部

見どころ!

毎年多くの人馬が出場を目指す全日本障害Part II。今年も200を超えるエントリーがありました。
シニアに交って、8月の全日本ジュニア障害で活躍した選手も参戦します。
緑が美しい芝馬場で繰り広げられる競技をお楽しみください!

どんな大会?

全日本障害馬術大会2019 PartⅡ

この大会は、調教過程にある馬、また、経験の浅い選手が、その練習の成果を発表するための場。シニアに交ってジュニア選手が活躍することも。110cmクラスの中障害D、120cmクラスの中障害C、内国産馬限定競技、そしてダービー競技の4種目を実施します。
9月13日(金)と14日(土)は予選競技、15日(日)が決勝競技です。

障害馬術とは?

大会が行われるのは…

【静岡県】つま恋乗馬倶楽部

静岡県掛川市満水2000

抜群のアクセスの良さと日本有数の設備と施設で乗馬が楽しめます!

入場無料

大会レポート

内国産障害飛越競技(決勝)は18人馬の戦いとなり、塚本敏一&フリーデン・アポロ(JRA日高育成牧場)が45.46秒で優勝!
「とても嬉しいです。アポロはすごく力のある素晴らしい馬です。(生産してくれた)遠野の皆さん、ありがとうございます。
私は今回、初めてこのような大きな競技会に出場させていただきました。アポロは僕を見たことのない世界に連れて行ってくれると思うので、一緒に行きたいと思います」
とコメント。今後が楽しみですね!

JEF公式サイトにて大会のアーカイブスをご覧いただけます!