A to Zinba ホーム > 大会情報 > 第71回 全日本馬場馬術大会2019 PartⅡ

全日本ヤング総合馬術大会

御殿場市馬術・スポーツセンター

大会日程

御殿場市馬術・スポーツセンター

見どころ!

内国産馬場馬術選手権では、昨年のチャンピオン川端俊哉&バリシュニコフが連覇を狙います。
2年連続2位の齋藤裕己&ウィルアイリスも参戦。合わせて14頭が内国産馬の日本一を目指します!

どんな大会?

全日本馬場馬術大会 PartⅡ

決められたステップを美しく踏み、図形をきれいに描くことが求められる馬場馬術。この大会は、内国産馬(日本で生まれた馬または日本で競走馬登録のあった外国産馬)のための大会です。実施するクラスは国内レベルのLクラス、Mクラス、Sクラスと、国際レベルのセントジョージ賞典の4クラス。セントジョージ賞典は内国産馬の日本一を決める《内国産馬場馬術選手権》として実施します。2017年と2018年は元競走馬のバリシュニコフが、乗り手を替えて2連勝しています。

馬場馬術とは?

大会が行われるのは…

御殿場市馬術・スポーツセンター

静岡県御殿場市仁杉1415-1

ナショナルトレーニングセンター(NTC)競技別強化拠点(馬術)に指定された馬術スポーツセンターです。

入場無料

大会レポート

今年はどんな大会になるのか!?
公式サイトでは大会の様子をご覧いただけます!
ぜひお楽しみに!

JEF公式サイトにて大会のアーカイブスをご覧いただけます!