障害物は競技のレベルによって高さが違い、トップレベルの競技では160cmもある障害物が置かれています。

障害物のタイプは、大きく分けると、「垂直障害」「幅障害」の2種類があります。「垂直障害」は高さだけが要求されるもの、「幅障害」は幅(奥行き)があるもので、その両方がコースにバランス良く配置されます。

色や形も様々で、レンガを積み上げたようなデザインの障害物や生け垣を利用した障害物などもあります。
ロンドンオリンピックの障害馬術競技では、ビッグベンやお城を模した障害、さらにはロンドン名物の2階建てバスを模したミニチュアを飛ぶような障害もあったんですよ!

私がこれまでに飛越したことのある一番高かった障害物は110cmです。飛んでいる瞬間は、「あ、飛んだ」という感じなんですけれども、身体がふわっと浮いて、本当に独特の感覚になりましたね。
皆さんも大会を観戦するときには、「こんな障害もあるんだ」とか「この障害を飛ぶ時、選手はどんな気持ちでいるのかな」といった視点で見るとより楽しめると思いますよ!

やはり、馬場馬術ではとにかく美しい騎乗姿勢を保てているかが重要なポイントになりますね。背筋のラインがまっすぐ伸びていて、まるで背中に1本の棒が入っているような、そんな乗り方をされている選手を見ると「わぁ、この選手は姿勢がとても綺麗だなぁ」とみとれてしまいます。
乗馬を始めた頃に私が教わったのは「頭とお尻とかかとが縦に一直線で、地面と垂直になるのが良い」ということでした。

最初の頃は、お尻が縦のラインから外れて後の方にでっぱってしまい、よくコーチに注意されました。それを気にすると今度はヒザが前の方に出てしまって注意されたり。美しい姿勢を保つために、背中の後ろに水平にムチを置いて、ひじの間に通したまま手綱を持ち、そのまま馬場を何周もするトレーニングもしました。その時「あぶみ上げ」といって、あぶみから足を外して練習するんですけれども、このトレーニングが一番つらかったかもしれないです。背筋もお腹まわりの筋肉もかなり使いますし、内ももを使ってバランスを取るために太ももの筋肉も酷使するので、最初の頃は、練習の後階段を上り下りする時などに身体のあちこちが痛くて大変でした。

他にも、馬場馬術の選手は手綱を握る指のわずかな動きや、脚の位置や力の入れ具合などを駆使して、馬が自らいきいきと動いているように演技を展開していきます。そういったトップ選手のテクニックにもぜひ注目して観戦してください!

総合馬術で行う3つの種目のなかで花形のクロスカントリーは、愛馬を操りながらハイスピードで森の中を駆け抜けたり、自然を生かした障害物を飛び越えたりするハードな種目なので、安全のために「プロテクター」を着用します。衝撃を吸収する素材を使ったものや、落馬しそうになって馬から身体が離れた瞬間に膨らんで身体を守るエアバッグのような機能を持ったものまで、様々なプロテクターが開発されています。

総合馬術の選手が着用しているプロテクターを見たとき、それだけハードなライディングに挑戦されているんだなと気付きました。その勇気が格好良いですし、尊敬しちゃいます。

私も乗馬を始めたばかりの頃、プロテクターを着用していました。身体を守ってくれるので、着用するととても安心感がありました。初心者の頃は、落馬もしょっちゅう経験したのですが、プロテクターがクッションになってくれて痛みを半減してくれていたのかな、とも思います。

ヘルメットとともに安全を確保するためには欠かせない道具ですから、クロスカントリーに限らず、特に馬の動きや反応に慣れていない段階の騎乗では、安全のためにもぜひプロテクターを着用していただきたいですね。

このファンサイト内の「大会情報」のページに、日本馬術連盟主催の全日本大会の日程や見どころが掲載されていますよ。

「大会情報」ページから見に行きたい「大会名」をクリックすると、その大会の見どころ、会場へのアクセス、また直前情報・結果速報へのリンクなどが載っているページへ移動するので、そこでより詳しい情報をゲットすることができます。初めて観戦される方には、私も出場したことがある「障害馬術」が、ルールも分かりやすく、迫力満点でおすすめです。

ぜひ「大会情報」のページを活用して、楽しい観戦に役立ててくださいね。

Photo by UNITED PHOTO PRESS, Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT, c3.photography, Japan Equestrian Federation, Yusuke Nakanishi
リンクフリー / プライバシーポリシー
Copyright © 2018 JAPAN EQUESTRIAN FEDERATION All Rights Reserved.
ページのTOP