今回からは、馬術スペシャルアンバサダーを務める欅坂46の菅井友香さんが、初心者の方も1日たっぷりと楽しめる馬術大会の模様をレポート! パートナーは、馬術アンバサダーライダーの髙田茉莉亜選手。幼馴染でとっても仲良しな2人が、馬術大会の魅力について、そして競技観戦以外にも楽しめるポイントをナビゲートします。

vol.05

やっぱり生で観戦してほしい! これが馬術大会の魅力

2017.12.26

≪全日本馬場馬術大会2017 Part I≫も最終日。日本のトップ選手が勢ぞろいする大会は御殿場市馬術・スポーツセンターが舞台です。菅井さんと髙田選手も久々の御殿場会場での大会観戦にドキドキ。どんな素晴らしい競技を見ることができるか? 朝からワクワクが止まりません。

御殿場の馬術・スポーツセンターに来ました! 見て下さい、富士山の麓に、こんなに広い馬術の拠点があるんですよ。今回は、アンバサダーライダーの髙田茉莉亜ちゃんと一緒に、全日本馬場馬術大会を1日丸ごと体験しちゃいます。

友香ちゃんと私とで、馬術大会の魅力をたっぷり伝えちゃいますよ!!

富士山をのぞむ御殿場市馬術・スポーツセンター。およそ10 万平方メートルの敷地を持つ馬術の一大拠点です

茉莉亜ちゃん、私、数年ぶりにここ御殿場に来たんだけど、早くも癒やされているような気がしてるんだ(笑)。手に取れるくらいすぐ近くに雄大な富士山が見える場所だし、空気も美味しいし。高校生だった頃は年に一度、全日本の試合が行われるここを目標にしていたから、当時のことを思い出すと、緊張感とかもよみがえってくるんだけど、なんだか懐かしい感じもあったりするし。

そうなんだ。私はこの会場は地元と言ってもいいくらい身近だから、ちょっと友香ちゃんとは感じ方も違うかもしれないけれど、ここに来ると癒されるのは一緒だね。空がぐるりと見渡せて、いつ来ても気持ちがいい! 時々光の関係で富士山が赤く映るときもあって、そんなときは本当にきれいだなと思うよ。

今日は、レベルの高い演技を間近で見られるのももちろん嬉しいんだけど、大好きな馬たちに久しぶりに会えるので、とっても楽しみ。

日本のトップ選手が勢揃いしている大会だから、私たちにとっても学べることが多いよね。選手の演技や取り組みを見て、友香ちゃんと一緒に学びたいな。

やっぱり会場で競技を見ると、映像では伝わらないものを間近で感じることができるから、ぜひ多くの皆さんに大会会場に来て欲しいな、って思うよね。今回観戦する馬場馬術って、本当に「優雅」という言葉があてはまる種目で、それでいて観客席からでも、馬の足音や息遣いまで聞こえるほど迫力があるから。馬が選手の指示に懸命に応える姿はぐっとくるし、愛らしいし、もう本当にいーっぱい馬の魅力を感じてもらえると思う。

友香ちゃんの言う通り! 今日行われる馬場馬術競技の自由演技はまさにそこがポイント。人馬の一体感、臨場感、壮大な曲と馬との調和など、馬場馬術の要素は直に競技を見ていただくときっと肌で感じてもらえるよね。馬場馬術のトップ選手たちは、音楽とともに馬が本当にダンスしているように、人間は何もしていないように見せてくれるしね。

そうそう。アンバサダーとして茉莉亜ちゃんと一緒に、馬術の面白さと、ここがどれだけ素敵な場所なのかをいっぱい伝えていきます!

一緒に、頑張りましょう! 友香ちゃんにも楽しんでもらわなくちゃね。

 

まず2人は、会場内のお店が集まっているエリアへ。馬グッズを集めるのが趣味だという菅井さん、そして髙田選手もここでしか入手できないおしゃれなグッズの数々に、目が輝いています。

大きな大会では小物やオリジナル馬グッズ、馬術ウェアのお店などがあって、にぎやかです

うわぁ、とっても可愛い! 茉莉亜ちゃんこれどう?

種類もいっぱいあるよね。これだけいっぱい並ぶと、興奮モード入っちゃう(笑)。

大きな大会には、こんな風にお店が出ていて、いろいろな馬のグッズを発見できてとても楽しいよね。私も子供のころから、大会のこういうお店でグッズを見るのがすごく楽しみで、母におねだりしてたなぁ。

馬グッズが選びきれないほど並んでいます。「バッグやキーホルダーも可愛らしくておすすめです」(菅井さん)

私も、できるなら買い占めたいー(笑)。西洋では、ホースシュー(蹄鉄)は昔から幸運を運ぶアイテムと言われているから、選手はホースシューをモチーフにしたアクセサリーを身につけることが多いよね。友香ちゃんも持っていたでしょ?

うん。確かに、ホースシュー型のキーホルダーとか選手の間では流行ってた。同じグッズの色違いをクラブのみんなで持ってたりもしたよね。馬のグッズはとてもおしゃれで、普段使いでもコーディネートに活用できるし、大会会場でしか手に入らないものもあるから見逃せないよね。

 

その後、2人は馬具のお店へ。一緒の乗馬クラブで練習を共にしたこともある菅井さんと髙田選手。馬具を見ながら、当時の思い出話が弾みます。

これは、ブーツ。きれいだよね。こういったブーツもいろいろ種類があって。

馬場馬術は、選手の凜とした姿、その格好良さも魅力の一つだと思う。選手が背筋をまっすぐに伸ばした美しいフォームで馬にまたがる姿は本当に素敵。

馬場馬術は人馬が一体となって美しさの高みを目指していく種目だからね。どの選手も愛馬をピカピカに仕上げているし、演技のときに、人馬共にどれだけ美しく見せられるかも騎乗技術を磨くことと一緒に目指していかないとね。

茉莉亜ちゃんの試合を見たときも、体は細いし、足も長いし。本当に乗馬服がとっても似合うから、実は憧れてた(笑)。

友香ちゃん、素敵なことを言ってくれる(と照れる)。いい後輩を持ってよかった(笑)。

馬具を扱うお店には、トップライダーが相談に訪れることも。初めての方もいろいろ質問してみては?

そのほか、大きな大会ではフードのお店が並ぶことが多く、それも大会の魅力の一つとなっています。

馬術大会会場の雰囲気を満喫した菅井さんと髙田選手。次回、2人は大好きな馬たちのいる厩舎をレポートしてくれます。息の合った2人のナビゲートをぜひ次回もお楽しみに!!

菅井友香さんのアンバサダーページはこちら

もくじ

菅井友香のLove horses, Love riding! バックナンバー vol.1 vol.2 vol.3 vol.4

撮影協力:御殿場市馬術・スポーツセンター

Photo by UNITED PHOTO PRESS, Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT, c3.photography, Japan Equestrian Federation, Yusuke Nakanishi
リンクフリー / プライバシーポリシー
Copyright © 2018 JAPAN EQUESTRIAN FEDERATION All Rights Reserved.
TOP