第 35回 全日本ジュニア馬場馬術大会2018

主催 : 公益社団法人 日本馬術連盟

大会は終了いたしました。ご声援ありがとうございました。
大会レポートをご覧ください。

会場

御殿場市馬術・スポーツセンター

静岡県御殿場市仁杉1415-1

入場無料

ライブ

大会の模様を動画配信

movie

大会レポート →  第1日  第2日 

見どころ

3週連続で開催する全日本ジュニア大会の最終週は馬場馬術。従来は7月に「全日本馬場馬術大会Part II」と併催していましたが、今年は単独開催となりました。舞台は御殿場市馬術・スポーツセンターです。《ヤングライダー選手権(16~22歳)》、《ジュニアライダー選手権(14~18歳)》、《チルドレンライダー選手権(10~16歳)》の、年代別の3人のチャンピオンが決まります。

各クラスとも昨年よりエントリーが増えて激戦必須。

ヤングライダー選手権のディフェンディングチャンピオンは福岡珠緒選手。同じ競技に、昨年のジュニアライダーチャンピオン、神村ひより選手がクラスを上げて初挑戦します。

神村選手が抜けたジュニアライダー選手権は、昨年の上位選手はもちろん、昨年12月の国際大会、CDI Gotembaのジュニアライダークラスで優勝した吉田友里恵選手も選手権制覇を狙います。

チルドレンライダー選手権は、昨年、公認競技デビューからわずか2ヵ月で頂点に立った松下かんな選手が今年も参戦します。このクラスは過去最多の49エントリーがあり、新しい顔ぶれも大勢います。

いずれのクラスも熱い戦いになること間違いなし! 全日本ジュニアを締めくくる本大会にぜひご注目ください。

見どころイメージ

馬場馬術とは?

JEFオフィシャルパートナー
JEF オフィシャルサポーター
Photo by UNITED PHOTO PRESS, Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT, c3.photography, Japan Equestrian Federation, Yusuke Nakanishi
リンクフリー / プライバシーポリシー
Copyright © 2018 JAPAN EQUESTRIAN FEDERATION All Rights Reserved.
ページのTOP