第 70 回 全日本障害馬術大会2018 Part I

主催 : 公益社団法人 日本馬術連盟

全日本障害馬術大会Part I

今年度最後の全日本大会は《全日本障害Part I》。高さ160cmの障害物を選手と馬が一体となって飛び越えます!

1115日(木) 8:45 START (予定)

1116日(金) 9:00 START (予定)

1117日(土) 8:00 START (予定)

1118日(日) 7:40 START (予定)

1115日(木) 8:45 START (予定)

1116日(金) 9:00 START (予定)

1117日(土) 8:00 START (予定)

1118日(日) 7:40 START (予定)

会場

三木ホースランドパーク

兵庫県三木市別所町高木

入場無料

ライブ

11月15日(木)~18日(日)
大会の模様をライブ中継

movie

見どころ

日本馬術連盟は障害・馬場・総合・エンデュランスの全日本大会を毎年10大会開催しており、今年度最後の全日本大会が、この《全日本障害Part I》。昨年に続き、兵庫県三木市の三木ホースランドパークで行います。昨年までは3日間開催でしたが、今年は1日増えて4日間となりました。

メインは今年度のチャンピオン決定戦《全日本障害飛越選手権》。高さ160cmの障害物を含むハイレベルなコースを人馬一体となって駆け抜けます。11月15日(木)と16日(金)は予選競技で、予選を勝ち抜いた人馬が18日(日)の選手権競技(決勝)に進みます。

ほかにも《大障害B(150cm)》《中障害A(140cm)》《中障害B(130cm)》の3クラスがあり、4日間で予選・決勝を合わせて12競技を実施します。

昨年の選手権競技は、福島大輔選手とグラムアーのコンビが唯一ノーミスでゴールして連覇を達成しました。今年はどんな展開で、誰がチャンピオンの座につくのか、注目の一戦です!

《全日本障害飛越選手権》の模様は、NHK Eテレで11月25日(日)14:30~15:30に放送されます!

見どころイメージ
見どころイメージ

障害馬術とは?

JEFオフィシャルパートナー
JEF オフィシャルサポーター
Photo by UNITED PHOTO PRESS, Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT, c3.photography, Japan Equestrian Federation, Yusuke Nakanishi
リンクフリー / プライバシーポリシー
Copyright © 2018 JAPAN EQUESTRIAN FEDERATION All Rights Reserved.
ページのTOP